『談』最新号「ゲニウス・ロキと空間論的転回」が発行になりました。
立命館大学文学部准教授・加藤政洋さんの「お茶屋、席貸、ラブホテル……空間レンタル業の系譜学」
神戸大学大学院人文学研究科准教・大城直樹さんの「場所と記憶……「郷土」表象はいかにしてつくりあげられたか」
明治学院大学国際学部教授・原武史さんの「土地の忘却……体感としての空間・政治・歴史」
表紙は、吉澤美香さんです。
no.89広告jpg