明治大学生田校舎の農学部へ。橋口卓也先生と面会。「「農」から「都市」を考える」というテーマで、主に生産の場としての役割を担う「村」と、消費する場である「都市」との望ましい関係性を、「農」の側からコメントしてもらおうというもの。先生のご専門は、農業政策論。先生の学生時代はバブル絶頂期。農学部は冬の時代だった。ところが、昨今の農業ブーム。農学部は、今や人気学部の一つなのだという。そうした状況を踏まえながら、農業の課題と将来について、都市との関わりから論じてもらおうというわけだ。午後からJTで「嗜み」の企画会議に出席。夕方、丸の内で真鶴町まちづくりの会「海緑鳥(うみどり)」代表の平井宏典さんにインタビュー。なかなか忙しい一日だった。