『city&life』の企画委員会。次号の特集は、「美しい町と村」で変わる「都市」。「Les Plus Beaux Villages de France(フランスの最も美しい村々)」協会の活動をお手本に始まった「『日本で最も美しい村』連合」(NPO法人)に加盟する18の町村を紹介しようというもの。全部はもちろんムリなので、そのうちの代表的な町村を実際に訪ね取材する。
「『日本で最も美しい村』連合」には、どこの町村でも加盟できるわけではない。基準が設けられている。その基準とは…抄瓩旅饑調査による人口が、概ね1万人以下であること、⊃邑密度が1平方kmにつき50人以下であること、次に定める地域資源が2つ以上あること「景観……生活の営みによりつくられた景観のコト」「環境……豊かな自然や自然を生かした町や村の環境」「文化……昔ながらの祭りや郷土文化、建築物など」。したがって、オンリーワンの個性を持つ「村」に絞られることになるわけだが、今回は、北海道美瑛町、山形県大蔵村、長野県大鹿村の三つの町村をじっくり取材してこようと思う。