写真家・新井卓さんが来社。鈴木理策さんからの紹介。広告やエディトリアルの仕事をこなす傍ら、ダゲレオタイプ(銀板)の写真制作を続けている。このダゲレオタイプで撮影されたポートレイトのシリーズに釘付けになった。これは面白い。昔の人は、こんな風に写真を撮っていたのか。という驚きとともに、写真とは何かという根源的な問い掛けそれ自体に向かうような視線が気になった。いずれ『談』にご登場願おうと思う。ところで、ダゲレオタイプで制作している写真家は、現在日本には2人しかいないそうだ。
新井卓さんHP