話を聞いている限り論理的で論旨も明快なのだが、いざ文字にするとかなりはちゃめちゃということがある。とはいえ、これはこの人だけではない。かくいうぼくも、自分のテープ起こしを聞くと、けっこうむちゃくちゃにしゃべっているのである。しかも、ぼくの場合、熟語や固有名詞に自信がない時だと語尾をごまかすので、いよいよ聞き取れないらしい。
座談会、インタビューの原稿をまとめる時、いつも感じるのは話し言葉と書き言葉の落差。論脈はとりあえず無視して、話している時のリスムや感情をできる限り活かすか、逆に論旨が適確に伝えられることをいの一番に考えるか、迷うところであるが、本来はやはり100%後者をとるべきなのだろう。論旨をきちっと伝えたうえで、前者の見られるようなブレ、ゆがみ、脱線をもうまく取り込めたら、きっといい原稿になるのだろうし、それが可能な人間が、本当の意味でのライターなのかもしれない。ぼくなど、まだまだひよっこというべきか。ぼくは、いったいいつプロになれるのだろうか。