昨日は、『談』76号発行にあたっての編集企画会議。座談会2本とインタビュー1本の内容についての詳細な報告(なんたって、3本で200枚越えてますから)。そして、editor's noteの趣旨説明。なんとか11月末発行にまにあいそうだ。思えば、対談やインタビューが行われ時期は、まだ代表監督はジーコだったし、ジダンの華麗なヘディングがイタリア選手を芝生に沈めることになるなんて、だれも想像していなかった。もう日本代表は、オシムで6戦も戦っているじゃないか! そこで宣言します。俊輔、高原ら海外組の招集が噂されている来季の韓国戦までに、あと2冊発行するぞ!!