木本圭子さんNYで初の個展

案内が少し遅くなってしまったが、『談』ではお馴染みの木本圭子さんが、NYで始めての個展を開いている。昨年出版された作品集と同名の「Imaginary・Numbers」というタイトル。
プログラムによって生成される「虚数」/「想・数」の世界を、欧米人はどう見るか興味津々だ。
11月末までなので、NYに出かけられる予定のある方はぜひ立ち寄ってみて下さい。1Fにエルメスのショップの入っているオシャレなビルの8F。
MIKA
GALLERY
15 October-30 Novenber 2004
41 E 57, 8th flr
New York, NY 10022
tel 212-888-3900

木本fig .jpg続きを読む

路面電車廃止決定の裏話

都市プランナー・望月真一さんをインタビュー。7月に取材した中部地方のある地域の路面電車廃止決定の話がまくら。採算が合わないからとか利用者が少ないからとかクルマ社会だからという理由もうそではないが、公共交通問題というのは、高給をとっている年寄り役人の首切りがじつは一番大きな目的という意外な真相。電鉄企業も自治体も、結局公共交通あるいはまちづくりを本気で考えようとしていないということなのだ。都市問題は、やはり、金とコネと政治の駆け引きが引き起こすものなのだとしたら、なんだかなぁという気持ちになりますね。日本の話が長く続いて、ようやくフランスの話。フランスの地方都市では、交通政策と都市デザインがじつにうまく連動している。日本の都市に未来ない、とつくづく思ってしまう今日この頃。

齋藤純一さんにインタビュー

「公共性と例外状態」インタビュー3人目は早稲田大学政治経済学部教授・齋藤純一さん。4号館の研究室を訪ねる。なんと階段がないのに5階。足を骨折リハビリ中の写真家鈴木理策さんにはこたえたようだ。話は、公共性の再定義から始まって、アーレントの考えに沿いながらプルラティ=複数性の議論へ。「自分ではない者が自分の前に顕れる」という他者がいる空間が公共圏だという。また、公/私を問い直すことそれ自体が公共性だという。親密圏と公共圏の関係は言われているほどには単純ではない。親密圏の有効性を掘り下げていくと、それは公共圏のあらたな地平を切り拓くことになる。最後に、現在の社会のモードになりつつある「自己統治」について触れながら、自由をどう捉えるかという議論。約2時間、とても内容の濃いインタビューになった。

恋愛不安と「当事者意識」

香山リカさんから新刊『恋愛不安--「大人になりきれない心」がほしがるもの』を贈呈していただく。恋愛問題が、他のこころの問題と大きく異なるところは、その強烈な「当事者意識」だろう。この問題にするどく切り込もうとする本書は、恋愛のハウツーものでも、(どこか他人事の)心理分析でもない、「こころの科学」になっていると思う。そういえば、ものすごく昔に、この著者から恋愛について相談されたことがあったけれど、これってやっぱり内緒にしてなきゃダメなの?

恋愛不安―「大人になりきれない心」が欲しがるもの

「承認」論は不快?

上野千鶴子さんは、昨今の「承認」ブームが不快なようだ。
「…リストカットをするような子どもたちが、寝たきりとか痴呆の人たちともっと接触したら、「自分が存在するということに、他者の許可も承認もいらないんだ」って感じてくれないかな、と思う。だって、こんなに役に立たず、こんなに希望がなく、こんなに自分を自分でどうしようもない人たちが、それでも生きている。「じゃあ、この人は死んだほうがいいのか」と、そこで立ち止まる。「死んだほうがいい」といえない私にとって、最後に何が言えるのか? そういう問いが残るでしょう」。
「人間が社会的存在でなければならないということにも、わたしは深い疑問を持ってきました。なぜわたしが生きることに、他者の承認がいるのか? なぜわたしが他人の役に立つ存在でなければならないのか? そうでなくなったときのわたしは、生きる価値を失うのか? 」(『結婚帝国 女の岐れ道』上野千鶴子・信田さよ子 講談社 2004より)
じつは、昨日お会いした立岩真也さんも同じようなことをおっしゃっていたのだ。続きを読む

午前、午後、夜とインタビュー2本、対談1本

今日は、まず午前中に大阪大学大学院工学研究科教授・新田保次先生をお訪ねしました。「マルチモーダル……中心市街地活性化への新たな戦略」というテーマを交通政策の側からはどう考えるかという内容のインタビュー。次に、京都へ移動。立命館大学大学院先端総合研究科助教授・立岩真也先生をお訪ねしました。『談』72号特集「公共性」と例外状態」で、「公共性による公共の剥奪」というテーマでのインタビュー。そして、18時からは市内のホテルで「都市は誰のものか……開くのか/閉じるのか」というテーマで対談。神戸大学発達科学部教授・平山洋介先生と中部大学工学部助教授・五十嵐太郎先生のお二人。一日にインタビューと対談を3本やったのは、さすがに始めてかもしれません。続きを読む

「マルチモーダルとまちづくり」

今日、明日と関西方面に取材旅行。『談』『City & Life』のインタビューを一緒にやってしまおうというもの。まず岡山大学へ。岡山大学環境理工学部環境デザイン工学科教授・谷口守先生。「マルチモーダル……中心市街地活性化への新たな戦略」というテーマを都市計画という立場からどう考えるかという話。そのあと、大阪の千里で都市プランナー・角橋徹也さん。角橋さんは、元都市自治研究所所長で現在オランダの都市空間研究をなさっておられる。「コンパクトな都市圏への政策転換、ポスト・モータリゼーションを見据えて」というテーマでお話を伺いました。続きを読む

リニューアルしたABC(青山ブックセンター)でさっそく本を買いました

ABC本店に行く。リニューアルから2日。以前と同じ。お客さんもたくさん入っていました。棚の位置(分類)が多少変わった程度で、本の並べ方はいうまでもなく、ギャラリーコーナーや雑誌の陳列方法などぜんぜん変わっていない。イベントだって同じようにこれからどんどんやるようで、ファンとしては大変うれしい。『談』最新号も人文書の手前コーナーに以前と同様にどっさり平積み。よっしゃー!!。思わず大声をあげてしまいました。続きを読む

『建築する身体』の発刊

荒川修作+マドリン・ギンズ著『建築する身体』を春秋社から贈呈していただきました。河本英夫さんが訳されています。「身体とは何か」、『談』の一貫したテーマですが、身体をいかに活用するか、そのためのプログラムが明かされています。いわば身体の実践書。アラカワさんの身体思想を知るいいナビゲーションです。加えて、河本さんのオートポイエシス論、メタモルフォーゼ論を理解する手引書としても読める本です。

建築する身体?人間を超えていくために

エコ地域デザイン研究所の国際ミニシンポ

法政大学62年館へ。エコ地域デザイン研究所の国際ミニシンポ「地中海世界における舟運と港町の文化―イタリアを中心に」に参加しました。研究所所長に就任された陣内秀信さんからのお誘いです。以前ナポリとアマルフィを旅して、中世都市に魅了された人間にとって、アマルフィの文化を紹介しようという今回の講演は大変楽しみでした。ジュセッペ・ガルガーノ(アマルフィ文化・歴史センター所長)「中世海洋都市アマルフィーオリエントとの交流と港町の空間構造」がそれでしたが、順番が変わって、丹羽隆子(東京海洋大学 海事システム工学科 教授)「地中海の船と港と航海ー古代ギリシアから中世イタリアへ」が最初に。そのあとドナテッラ・カラビ(ヴェネツィア建築大学教授、イタリア都市史学会会長)「中継貿易都市ヴェネツィアーその社会経済と空間の特質」。お二人のお話はそれぞれ面白いものでしたが、あくまでも本命はガルガーノさん。ところが、その後に予定が入っていたために、中座することになりました。残念。今度陣内さんにお会いする時に、どうだったかお聞きしましょう。
Monthly article
訪問者数



『談』とは
 
●最新号

No.108
おいしいってなに?……ひとは食をどう表現してきたか
 
●バックナンバー
No.93以前のバックナンバーにつきましては、アルシーヴ社(03-5779-8356)に問い合わせください。

No.107
老い衰えゆくからだ……話す・動くから考える

No.106
人と動物……動物は動物なのか

No.105
科学を科学する…領域を超えて

No.104
恐怖の報酬…「怖いもの見たさ」の謎
 
 
●別冊

Shikohin world 酒

Shikohin world たばこ

Shikohin world コーヒー
 
『談』アーカイブス